スタッフブログ

動物の熱中症対策

梅雨が明けたと思ったら一気に35℃に迫る暑さ...

わんちゃんのお散歩は朝又は日が落ちてからでないと危険ですね。アスファルトの温度が60℃を超えるとも言われております。その上を素足で歩くことを考えただけで可哀そうですね。

また人間だけではなく、動物の熱中症にも気を付けなければなりません。基本的に哺乳類は汗をかく生き物で、人間は汗をかいて体温調整をしているのですが、わんちゃん、猫ちゃんはほとんど汗をかかないそうです。汗をかいても足の裏に少しだけ、とのこと。

どのように体温調節を行っているか

わんちゃんの場合は口を開けてハァハァしてますね。呼吸をすることで体温調節を行っています。

猫ちゃんの場合はわんちゃんよりも比較的暑さには強く、体温をなるべく上げないようにじーっとしていたり、毛づくろいをして体を湿らせて体温を下げているそうです。

何はともあれ、わんちゃん猫ちゃんもクーラーの効いた部屋で過ごしたほうがいいですね。時代も変わりましたね。

 

関連記事一覧

PAGE TOP